平成29年9月1日(金)第55回栃木県公衆衛生学会

栃木県総合文化センター(宇都宮市)において第55回栃木県公衆衛生学会が開催されました。

保健環境センターからは6名の所員が口演発表しました。

第55回栃木県公衆衛生学会の様子写真1 第55回栃木県公衆衛生学会の様子写真2
保健環境センター発表演題一覧
会場 演   題 発表者名
第2会場 栃木県内で分離された結核菌の全ゲノム解読を用いた分子疫学的解析 水越 文徳
栃木県内で検出されたノロウイルスの分子疫学(2009/2010〜2016/2017シーズン) 水越 文徳
第4会場 畜産物中における有機塩素系農薬の迅速検査法の検討 若林 勇輝
堆肥化施設の臭気の発生抑制に関する調査(第1報) 神野 憲一
プランクトンから見た湯ノ湖の水質 中島 麻依子
花火・ヨシ焼きによるPM2.5高濃度化と影響について 飯島 史周

栃木県公衆衛生学会については、 栃木県公式ホームページ(外部サイトへリンク)をごらんください。