保健環境センターの実績

調査研究

保健環境センターでは、業務の一環として調査研究を実施しています。平成29年度の調査研究は以下のとおりでした。

各項目のリンクをクリックすると、PDF文書が開きます。


調査研究

  1. 狂犬病ウイルス遺伝子検査の精度向上に関する調査研究(第2報)〜参照陽性コントロールを用いたリアルタイムPCRの構築〜577KB
  2. 栃木県内で分離された結核菌の全ゲノム解読を用いた分子疫学的解析(第2報)647KB
  3. 新環境基準項目(底層DO等)のモニタリング手法および評価手法の構築に関する研究(第1報)861KB
  4. プランクトンから見た湯ノ湖の水質1,226KB
  5. 栃木県における微小粒子状物質(PM2.5)の成分および高濃度化要因の解析(第2報)1,166KB

研究ノート

  1. 脳卒中発症登録者(2011年)に対する生命予後の検討(第1報)641KB
  2. ツキヨタケに含まれる有毒成分の分析法の検討380KB
  3. 畜水産物中のゼラノールとチアンフェニコール試験の妥当性評価について397KB
  4. 堆肥化施設に係る臭気の発生抑制に関する調査(第3報)1,650KB
  5. 佐野市葛生地区における降下ばいじん量調査結果 昭和46(1971)〜平成29(2017)年度1,351KB
  6. 平成29年度PM2.5大気環境調査結果920KB
  7. 大気汚染常時監視測定局の再配置に関する調査634KB

資  料

  1. 平成29(2017)年度外部精度管理調査結果1,175KB
  2. 平成29(2017)年度感染症流行予測調査206KB
  3. 平成29(2017)年度湯ノ湖沈水植物植生調査468KB
  4. 湯ノ湖の湖水褐色化に関する記録251KB
  5. 栃木県における環境放射能測定結果(平成29年度調査)684KB
  6. 平成29年度アスベスト大気環境調査結果415KB
  7. 平成29年度佐野市葛生地区における降下ばいじん量調査結果517KB
  8. 平成29年度有害大気汚染物質モニタリング調査結果333KB
  9. 平成29年度酸性降下物量調査結果269KB
  10. 平成29年度湿性沈着調査結果419KB

他誌発表論文

  1. Molecular Evolution of the RNA-Dependent RNA Polymerase and Capsid Genes of Human Norovirus Genotype GII.2 in Japan during 2004-2015.214KB
  2. Genetic diversity of Mycobacterium tuberculosis isolates from Tochigi prefecture, a local region of Japan.214KB
  3. A method for detecting rash and fever illness-associated viruses using multiplex reverse transcription polymerase chain reaction.214KB
  4. Phylogeny and Immunoreactivity of Norovirus GII.P16-GII.2, Japan, Winter 2016-17.214KB
  5. Genetic Analysis of Human Norovirus Strains in Japan in 2016-2017.214KB
  6. A Food Poisoning Outbreak Due to Food Handler-Associated Contamination with the Human Norovirus GII.P16-GII.2 Variant Strain in Italian Cuisine in Tokyo during the 2016/17 Winter Season.214KB(「Genetic Analysis of Human Norovirus Strains in Japan in 2016-2017.」と同一ファイル)
  7. 花火・ヨシ焼きによる汚染影響について497KB

年報

保健環境センターでは、毎年の業務実績を年報にまとめて発行しています。

下のリストから、各年の年報の目次がHTML形式で開きます。年報の各項目はpdf形式です。

第17号以前のバックナンバー(冊子)は、保健環境センターのほか、

      県民プラザ(栃木県公式ホームページ内)(外部サイトへリンク)

      栃木県立図書館(外部サイトへリンク)

で閲覧することができます。

第20号からは電子データのみの発行になりました。